人の名前 覚えられない 原因

人の名前が覚えられない原因とは?私の場合…

人の名前の覚え方

人の名前が覚えられないなんて、自分だけの悩みかと思っていたら結構多いことに気づきました。私の場合は、人の名前が覚えられない理由は、なんとなく自覚していることがあります。

 

まず、初対面の人に対してひどく緊張してしまうタイプなので、名前を覚える前に胸がドキドキしてしまって、相手が自己紹介している声があまりよく聞こえてません。

 

だったら、聞き返せばいいだけのことですが、せっかく相手が名前を教えてくれたばかりなのに、聞き返すなんてことはさらに緊張してしまってできません。こんな状態なので、人の名前を覚えるなんてことは到底無理になってしまいます。

 

運よく相手の名前をしっかりと聞くことができて「〇〇さんですね、よろしくお願いします」と受け答えしたにも関わらず、次にお会いした時にはすでに名前が思い出せない…。

人の名前を覚えるためにサプリがおすすめ

 

 

『あれ?あれ?誰だっけ?』と、あたふたしてしまって、極度の緊張に陥ってしまいます。本当に自分でもガッカリしてしまうんです。



人の名前が覚えられない原因とは?

そもそも、「年だから人の名前が覚えられないのは仕方ない」と、自分の物覚えの悪さを肯定してしまう人がいますが、それはちょっと違うんですよね。

 

 

実は年齢を重ねても、記憶力は低下しないことが、最新の研究でわかりました。


 

名前だけじゃなく、様々な度忘れに関しても言えることで、物忘れの回数自体は大人も子どもも変わらないんです。

 

では、何が違うのかと言うと、子供の場合は何か物忘れをしたとても、「ま、いっか」で済ませてしまいますが、大人の場合はそうはいかないことが多いですよね。大人になってくると物を忘れたことを何かのせいにしてしまいます。主に、「人の名前が覚えられないのは(忘れたのは)老化が原因なんだ!」と捉えてしまう人がとても多いので、『老化=物を覚えられない、物を忘れる』という誤った考えに縛られてしまいます。

 

物を覚えるのは脳の海馬という部分

海馬という脳の一部分で、あらゆるものを覚えるようになってますが、実は海馬が覚えようとすることはとても限られているんです。
主に、命が危険にさらされたこと、生命の存続に関わるようなことが記憶されています。

 

ですから、人の名前が海馬で覚えるかどうか…は、ちょっと違うような気がしますよね。

 

 

人の名前を覚えるには、何度も相手の名前を呼ぶことが重要

 

例えば、受験勉強に関して言えば、参考書や資料をひたすら読むよりも、問題集を何度も解く方がより脳に記憶されます。

 

ですから、人の名前を覚えるには、相手の名前を何度も呼ぶことが大切になってきます。とはいえ、緊張しやすい私にとって、相手の名前を何度も呼ぶということはなかなかハードルが高いです。

 

 

 

そこで、取り入れていきたいアイテムがあります。

 

人の名前を覚えるためのサプリメントです。


 

 

人の名前を覚えるには「DHA・EPA」が配合されているサプリメントを選びましょう

人の名前を覚えるには「DHA・EPA」が配合されているサプリメントを選びましょう!DHA・EPAが配合されてるサプリメントといってもたくさん存在します。
何を基準に選べばいいのか、おすすめの3つのポイントをご紹介しますね。

 

DHA・EPAの含有量

 

厚生労働省が推奨しているDHA・EPAの1日の摂取量は1,000mgです。

これだけの量を食事に変えてみると、お刺身5人前分に相当します。毎日、お刺身を5人前を食べるとなるとなかなか難しいと思いませんか?
1,000mg全部を食事からは難しいですが、多少の量なら食事から摂取することは可能です。むしろ、食事からもしっかりとDHA・EPAを摂る方向性で考えなければいけません。そして、食事からの摂取で足りない分の量をサプリメントで補うようにすれば安心ですよね。

 

 

食事からの摂取も考えると、サプリメントでの摂取量は1日500mg程度が目安になります。


 

 

体内への吸収率

 

実は、DHA・EPAは、水に溶けにくいオイルなんです。しかも酸化しやすく、胃に届くころにはあまり残っていなこともあります。
それではせっかく含有量が多くても無意味になってしまいますよね。

 

大事なことは、サプリメントの配合成分をしっかりと確認して、酸化防止対策が行われている&体内での吸収率を高める工夫がされているものを選びましょう。

 

 

クリルオイルが配合されているものがオススメです!


 

 

飲みやすいかどうか

 

DHA・EPAのサプリメントは臭いことがネックになってあまり好まれないというデメリットがあります。
そこで、最近は無臭にする工夫を施している会社もあります。

人の名前を覚えるのにDHA・EPAサプリ!

 

 

毎日飲むものなので、飲みやすいものを選びましょう。


DHA・EPAが人の名前を覚える助けになる

 

きなり(さくらの森)の特徴

DHA・EPAは魚介類にしか含まれておらず、特に青魚に多いのですが毎日魚を食べるという人が今はあまりいません。 そんな魚不足の日本人の栄養バランスを補ってくれるのが、きなりというわけです。 1日のDHA・EPAの摂取目安量は厚生労働省が1000mgと推奨していますが、これを普段の食生活の中で摂るのはかなり難しいです。そこで一番オススメなのが「きなり」。

きなりは1日4粒でDHA・EPAが500mgも摂取することができます。 (マグロの赤身約5人分のDHA・EPA相当)
毎日きなりを飲み続けることによって血液の流れを良くすることができ、脳の活性化へつながります。そして、記憶力の向上が期待されるので、人の名前を覚えることなども全面的にサポートしてくれます。

価格 5,695円 ⇒ 定期初回1,980円円
評価 評価5
備考 1日あたり66円!★全額返金保障付★血液サラサラ成分のDHA・EPA、ナットウキナーゼ、クリルオイル
きなり(さくらの森)の総評

きなりは、オレンジ色のソフトカプセルです。

中を開いてみると魚臭いので、飲む際にはソフトカプセルのまま丸飲みしましょう。特殊製法によって、魚臭さがゼロになってますので、大変飲みやすいです。

ダントツにオススメの理由として、きなりにはクリルオイルというオイルが配合されています。DHA・EPAは酸化しやすい成分なのですが、クリルオイルの抗酸化作用によってDHA・EPAが酸化されることなく新鮮な状態まま体内に吸収!

他のサプリだと胃に届く前に酸化してほとんど摂取できない、なんてこともありますので、きなりはDHA・EPAを効果的に摂取できる最適なサプリです。

返金保証もついてるので安心して試せますよ!

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

DHA&EPAの配合量を合わせると600mg。これは厚生労働省が定める1日推奨摂取量の約半分以上を補ってくれる量です。 他のサプリメントは袋が多いですが、大正DHA・EPAに関しては1回分づつアルミの小分けで個別包装してあります。こうすることによって、DHA&EPAが酸化しなような工夫を施してくれているので安心です、

価格 定期コース初回 1000円円
評価 評価4
備考 DHA…400mg EPA…200mg
大正DHA・EPA(大正製薬)の総評

豊富な栄養量なのに対して、金額的な面でも非常に優しいのが大正DHA・EPAの特長でもあります。あまり高額だと続けて飲むのは難しいですが、お手頃価格だとそういう不安は払拭されるので、飲み続けられる秘訣につながります。

さかな暮らし EPA&DHA(マイケア)の特徴

マイケアのさかな暮らしには、DHA600mg・EPA260mgが含まれています。
DHA・EPAサプリとして配合量は多いほうですが、1日6粒も飲まなくてはいけません。

しかも、口に入れるまではあまり感じませんが、カプセルを口に含んだ瞬間に魚臭さを若干感じます。魚臭が苦手な人にはちょっと向いてないサプリかもしれません。

しかし、配合量を考えると上位にせざるを得ないサプリなことは確かです。

価格 とくとく便 2,520円
評価 評価3
備考 全額返金保障付

人の名前が覚えられない原因とは?

人の名前が覚えられない原因は、興味を持っていないから?!

 

脳は興味がある情報や必要性がある情報であれば、すぐに記憶します。

 

ですので、解決方法は「その人に興味を持つこと」ですが、それ以外の方法としては、
脳への血流を改善すること
脳細胞を活性化させる栄養成分を摂取すること
が挙げられます。

 

血流改善&脳細胞活性させるサプリメントを見てみる

 

人に会って、後日、顔は覚えているけど、名前は思い出せない時ってよくあります。
ただ、それは加齢による老化現象ではないんです!

 

多くの人は人の名前が覚えられない原因を「歳を取ったせいで、記憶力が低下している」と当たり前のように思い込んでいます。
ですが、それは全くの勘違いで、脳は加齢によって衰えることはありません。

 

ではなぜ、人の名前が覚えられず、すぐに忘れてしまうことが多いのでしょうか??

 

 

人の名前が覚えられない原因は『興味の問題』

 

最大の原因は

 

その相手にあまり興味がないから

 

または

 

覚える必要性を感じていないから

 

です。
意外ですね(笑)

 

 

また、脳は、脳への栄養がしっかりと行き届かなくなることでも働きが鈍くなります。
事実、脳梗塞などの病気は脳の病気ではなく、血管が衰え、血液循環が滞ることで起こっています。
そこで、血流を改善することで、脳へ新鮮な酸素や栄養素がしっかりと運ばれ、脳が活性化されていきます。

 

 

血流を改善するのに効果的なのが、青魚に多く含まれているDHA/EPA!

DHA/EPAは血液をドロドロからサラサラにする効果があり、それによって身体の血液循環がスムーズになり、脳への血流がアップすることに繋がります。
また、脳細胞内には多くのDHA/EPAが存在しており、その量を更に増やすことで記憶力、集中力、問題解決力が高まることが知られています。
DHA/EPAは脳の活性化に欠かせない栄養素なので、人の名前が覚えられない人は普段から摂取することが好ましいです。

 

ただ、DHA/EPAは魚介類にしか含まれておらず、近年の食文化の欧米化によって、日本人の魚の摂取量が減ってきています。
魚を比較的食べる世代(50代以上)でも魚の摂取量が減っており、厚生労働省が推奨する量1,000mg/日には届いていません(50代で70%ほど)。

 

そこで、DHA/EPAをサプリメントで摂取するのがおすすめです。

 

効果が実感できると口コミで評価の高いDHAEPAサプリが「きなり」です↓↓↓
92.3%の人がリピート購入している人気のサプリメントです☆

>>きなりの詳細を確認する<<

 

 

人間の記憶力が落ちる原因とは?

人間の記憶力が落ちる原因ですが、始めに考えられるのは脳の老化です。
人間の肉体は加齢と共に徐々に機能を落としていきます。脳もまた筋肉と同様に年齢を重ねる事に老化の影響を受けていき、どんな頭脳明晰な方でもやはり50代以降になりますと、頭のキレが鈍くなります。
脳トレ頭のアンチエイジングといった言葉が流行るのも、その証拠かもしれません。
使わないとどんどん記憶力の減退が、脳の老化によって進行していくのも、筋肉と似た部分です。
最近ど忘れが激しい、と感じられる方は脳トレの本を買うか、アンチエイジング対策のグッズやゲームで記憶力の減退対策を講じましょう。

 

次に記憶力が落ちる二つ目の原因ですが、若干老化の影響と重なりますが、加齢によって物事に対する関心が減った事がその要因として考えられます。
人間誰しも若い頃は経験や知識が不足しています。学生時代であれば、毎日新しい出来事や新鮮な知識や体験に遭遇しますので、脳がスポンジのようにどんどん新しい事情やノウハウを自然な形で取り込んでいきます。
単純な若さよりも、物事への刺激や興味、新鮮な感覚があるため、脳のパフォーマンスが自然と引き出せされ、本人が特に意識してなくても、若い頃は記憶力が常に高い状態でキープ出来ます。

 

ある程度、社会人として経験を積み重ねてくると、物事の道理が分かってきます。
確かに新しい知識やニュース、技術は目まぐるしく現れてきますが、ある程度の経験を積んでいる方の目線からは、たとえ全く新しい事象だったとしも、過去のデータや経験から上手にパターン化する事が出来ます。
全く目新しい出来事や製品も、実際は過去に生まれた物や事の組み合わせに過ぎず、人生のベテランになってくると、良いも悪いも新しい出来事に刺激を受けづらくなり、自ずと新情報を無意識的にインプットする脳の働きが減退します。
それは良い意味での老いであり、脳の抽象的発想が上がった事を示すポジティブな傾向でもありますが、
その反動から、人の名前が覚えられなくなったり、具体的な製品の名称が覚えられなくなったり、自分の仕事に関係のない物事はすぐに忘れやすくなる等、ベテランになったがゆえに記憶力が減る副作用があります。

仕事における人の名前の簡単な覚え方

余程特殊な業務に携わらない限り、仕事の場で人との関わりを絶つことは出来ません。スケジュールの確認から見積もりの作成、予算の提示に実施という過程を踏むにあたって多くの人とコミュニケーションを図る必要が出てきます。そしてコミュニケーションの前段階で重要なのが相手の名前を覚えることです。苦も無く覚えることが出来る人もいますが、そうでない人もいます。
そこで、仕事の場でのコミュニケーションが円滑に進むよう、覚え方について考えてみたいと思います。

 

名前を覚える上で重要なのが、相手の名前を声に出すことです。
簡単なようですが、日常会話で相手の名前を呼ぶ機会はそれほど多くありません。オフィスで会釈と簡単な挨拶で終わることが多いですし、打ち合わせなどでも誰に対して語っているか明らかな場合が多いので、進行をする人でもなければ意外と名前を呼ぶことはありません。そのため、日常的な会話の内になるべく相手の名前を出すことで、記憶が定着するようになります。
二つ目ですが、日常的な会話をする相手ではない場合、例えば取引先の会社の人などだと言葉を交わす機会が少ない場合があります。そのような人の名前の覚え方はエピソードと相手を関連付ける事です。これはどのようなことでも構いません。コーヒーをブラックで飲む〇〇さん、最近子供が生まれた〇〇君のような形で相手のエピソードやプロフィールを結びつけることで、ぐっと覚えやすくなります。簡単ですが、この二つでほとんど忘れることはなくなります。

 

最後にどうしても覚えられない方は、情報を直接記録に残すことを勧めます。交換した名刺をコピーして、そこに特徴を書き込むことや、あるいはノートのようなものに相手の氏名や所属部署などの情報の他に会話した内容を書き込んで残しておくと覚えやすくなります。同時に相手の事を覚えていることが出来、話のネタも作りやすくなるので、忘れっぽい方や会う機会の少ない人などは記録に残すことをお勧めします。

記憶力向上のための生活習慣

人の名前や日々の生活、仕事などの情報を理解するために記憶力は必要不可欠です。しかし記憶を司る機能を持つ人間の脳の神経細胞は、1日に約10万個ずつ死滅していき一度失われた神経細胞は二度と再生することはありません。その為年齢を重ねるたびに記憶を維持する力が衰えてしまい、進行具合では仕事や家事といった生活に支障が出る恐れがあります。記憶とは日々の生活習慣でその力を向上することが可能であり、サプリメントの摂取や医療機関の世話になる必要はありません。

 

まずは睡眠不足を控えることであり、記憶とは睡眠中に脳に蓄積されるもので寝不足だと頭が働かず集中力にも欠けてしまいます。一般には1日に約7から8時間の睡眠が良いとされますが、個人差も少なくなくこの時間よりも長い、短い方が合ってる場合もあります。それでも22時から2時までの間はなるべく寝ることが重要であり、この時間帯は成長ホルモンが分泌されるので疲れがとれやすく翌日の記憶力や集中力を高く持続させることが可能になります。睡眠が浅い人のサプリとしてはトリプトファンをはじめとする必須アミノ酸配合のものを飲みましょう。

 

 

食事を工夫することも記憶の維持に効果が高く、まぐろや鯖に含まれるDHCは脳の伝達をスムーズにする効果があります。この他にも抗酸化物質が含まれるトマトやほうれん草、人参などの食品は脳の老化を防ぐのでおすすめです。実は歯磨きも脳の機能と関係があり、歯周病や歯周炎を患った人は記憶や思考能力に支障が出るアルツハイマー病の発症リスクが約3倍に上がると言われます。実際日本を含む世界の研究機関では歯磨きと記憶の関係が深いことを報告しており、口腔内のケアの重要さが分かります。そして最後に行うと良い生活習慣は、1日の終わりに日記を書く事でありこれは記録すると同時にその日の出来事を思い出す作業になります。なので日記を書き続けると自然と多くのことを思い出すことが可能になり、徐々に記憶能力が高まります。それでも始めは書くのが難しいですが、1日5分くらいから初めて行くだけでもしないより効果は高いです。

 

 

ページトップに戻る↑↑

-